「嫌われる勇気」

ベストセラー
「嫌われる勇気」を読みました


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

筆者によれば
「心理学」と名付けられているものの
内容は「哲学」だそう

よって
哲人と青年の問答として書かれています

人気の本なので
期待して読んだのですが
文中の青年が
とても下品で攻撃的で読みにくかった 

やたら「!!」が多いし
「へっへっへっ」とか
「このサディストめ!」とか
そんな失礼な喋り方する青年は
いないのではないかと思いました

なので
お勧めする本ではありませんが
興味深いところもあったのでシェア 


アドラー心理学では過去の原因ではなく
今の目的を考えます 

例えば引きこもりは
「不安だから外に出られない」のではなく
「外に出たくないから不安という感情を作り出している」
 


また、世界観という考え方も特徴的

「私は悲観的な性格」なのではなく
「悲観的な世界観を持っている」と考えるわけです 

性格だと変えられないというニュアンスがあるけれど
世界観なら変えられるというのです 

人間は
いろいろ不満があったとしても
「このままの私」でいるほうが安心

アドラー心理学は勇気の心理学

あなたが不幸なのは
過去や環境のせいではないし
能力が足りていないのでもない

ただ勇気が足りないだけだと哲人は語ります

それから
怒りとはコミュニケーションの一形態であり
怒りを使わないコミュニケーションも可能という指摘もありました

アドラー心理学は他者を変える心理学ではなく
自分が変わるための心理学

他者の課題には介入せず
自分の課題には誰ひとりとして介入させない

そしてまた
アドラー心理学ならではの、画期的な視点に
「褒めない」
というのがあります

今の時代は叱らずに褒めて育てる風潮がありますが
叱るのも褒めるのもだめだというのです

褒めるという行為は
能力のある人が能力のない人に下す評価
という側面があるからだそうです

このあたりは同意しかねるなあ、と思いました

友だちと対等な関係で
褒めあったりすることあるよねえ?

この本に続いて続編の
「幸せになる勇気」も読んだけれど
こちらは紹介するほどでもなかったです


幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

疑問もあったけど
良いところもたくさんあったので
そういうところだけ
取り入れていけたらいいかなと思いました


読んでくれてありがとう
 


ブログランキングに参加しています 

      
FC2ブログランキングへ→◆  
上記のリンクをクリックしていただくと
1日1クリックで10ポイント加算され
ランクアップし
ブログ更新の励みになります!
クリックしていただくとランキングも見れます

こちらのランキングは何位かな?
こちらもクリックお願いします
       ↓
    
人気ブログランキングへ→◆ 
クリックありがとうございます!

いつもありがとうございます 



【2016/10/28 01:11】 | 開運本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<いったい誰が自分のために | ホーム | 秋の味覚を堪能>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happyluckydiary.blog109.fc2.com/tb.php/3354-7a2c711e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハッピー♪ラッキー☆     ダイアリー


みるだけで運が良くなる!       開運ダイアリー☆

プロフィール

アイ クミコ

Author:アイ クミコ
兵庫県加古川市で
カウンセリング・チャネリング
リコネクティブヒーリング
リコネクション・数秘術
ヒプノセラピー
パステル和(NAGOMI)アート
などをしています☆


◇ヒーリングサロン コンパシオン◇
ホームページはこちら→★


ついてる私の開運法をシェアします♪


人気ブログランキング

今日の星と月

リラックマの部屋

....

最近面白かったもの

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ご訪問ありがとうございます☆     1日1クリックしていただくと順位が上がり、励みになります!嬉しいです☆

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

アマゾン検索

マナカード占い

アマゾンリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード