チャネリング講座、他人のチャネリングについて

好評いただいている
チャネリング講座について
内容を少しご紹介 

チャネリング講座の2回目以降
他人のチャネリングでは
目の前の人だけでなく
遠隔の人へのチャネリングもマスターします 

チャネリングは
もともと誰でも持っている能力を
開花させて発展させるものなので
「霊能者」とは違います

なので
「何でもお見通し」というわけではなく
「見透かされてコワイ」
ということもありません

他人をチャネリングするのも
プライバシーの侵害に
当たることはありませんし
侵害するような内容を
受け取ることはありません
(詳細は講座の時に)

さて実際の講座では
まず練習として
アイクミコをチャネリングしていただきます

目の前にいるし
ちゃんとチャネリングできているか
わかりやすいからね

先日の講座の時も
私の「ちょっとモヤモヤしたこと」を
チャネリングしてもらったのですが
詳しくその内容を言っていないのに
ピッタリのメッセージを受け取っていらして
チャネリング終了後
「実はこういう内容の問題だったのです」
とお伝えしたら
びっくりされてました 

しかもチャネリングをしてもらったおかげで
私の「もやもや」も晴れて
とても癒されて素晴らしかったです 

もちろん初めてのチャネリングなので
流れるようなメッセージが受け取れるわけではなく
単語単語だったり
断片的なイメージだったりなのですが
でもそれがちゃんと
意味がピッタリだったり
癒しの力を持っていたりするのです 

それから
サロンではできるのに
家に帰るといまひとつなのです‥というのを
時々聞きます

サロンでは私が補助するため
繋がりやすいというのもありますが
「場」が大切というのもあります

サロンは「聖域」を設定してるので
やはり繋がりやすいです 

お家でする場合も
スッキリした場所で
BGMや明かり、香りなどを整えることで
繋がりやすさがアップすると思います

それと
チャネリング技術は
初回から伝授しますが
それはまだ“会得”しただけ

“会得”しただけでも楽しく
新しい世界が拓け直感が増しますが
練習を重ねて“習得”し
さらに修練して“体得”して下さい!

“体得”してこそ
しっかりと自分のものになり
実際に役立てることが
多くなるでしょう 


講座についてHPはこちら→◇


読んでくれてありがとう
 


ブログランキングに参加しています 

      
FC2ブログランキングへ→◆  
上記のリンクをクリックしていただくと
1日1クリックで10ポイント加算され
ランクアップし
ブログ更新の励みになります!
クリックしていただくとランキングも見れます

こちらのランキングは何位かな?
こちらもクリックお願いします
       ↓
    
人気ブログランキングへ→◆ 
クリックありがとうございます!

いつもありがとうございます 


【2016/06/10 01:11】 | スピリチュアル | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<一方向からだけでは | ホーム | スクーリングで認知療法のワーク>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happyluckydiary.blog109.fc2.com/tb.php/3206-6868c68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハッピー♪ラッキー☆     ダイアリー


みるだけで運が良くなる!       開運ダイアリー☆

プロフィール

アイ クミコ

Author:アイ クミコ
兵庫県加古川市で
カウンセリング・チャネリング
リコネクティブヒーリング
リコネクション・数秘術
ヒプノセラピー
パステル和(NAGOMI)アート
などをしています☆


◇ヒーリングサロン コンパシオン◇
ホームページはこちら→★


ついてる私の開運法をシェアします♪


人気ブログランキング

今日の星と月

リラックマの部屋

....

最近面白かったもの

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ご訪問ありがとうございます☆     1日1クリックしていただくと順位が上がり、励みになります!嬉しいです☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

アマゾン検索

マナカード占い

アマゾンリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード