ハーバード大学教授が語る 「老い」に負けない生き方

健康心理学の勉強に役立つかと思って読んだ
ハーバード大学教授が語る
「老い」に負けない生き方


ハーバード大学教授が語る「老い」に負けない生き方

大変面白かったです 

著者であるエレン・ランガー教授は
1979年に大変興味深い実験を実施しました

70代後半から80代前半の男性16人を8人ずつに分け
それぞれ1週間
20年前の生活を送らせる、というもの

参加者は実験群と統制群の2つのグループに分け
ニューハンプシャー州ピーターボロにある修道院で
1959年に戻ったつもりで過ごしました

実験群は実際にその時代に戻ったつもりで現在形で話し
1959年以降の雑誌、本、新聞、家族の写真等は持ち込み禁止

当時のラジオ番組を流し、白黒テレビで当時の放送を見ます

58年にアメリカが初めて
人工衛星の打ち上げに成功したときのことは
「昨年」の話として話すのです

そして参加者は
59年のつもりで自伝を書き、当時の写真と一緒に提出します

統制群も基本は同じですが、過去形で話し
自伝も過去形で書かれていて添付するのは現在の写真


さて、実験の結果はどうなったでしょうか?


実験群と統制群の両方とも
2日目から
参加者の全員の態度や行動に変化が見られました

面接の時は
連れてきてくれた家族に頼りきりだったのに
食事の準備や後片付けに
積極的にかかわるようになったそうです

心の持ちようが
体に影響しているという仮説が証明されたのです!

参加者は聴力と記憶力が向上し
体重も1キロ強増加(ほとんどの人にとって良い結果)
握力が飛躍的に強くなりました

つまり多くの判定基準で「若返った」のです!

さらに
実験群の参加者は関節の柔軟性が大きく向上し
関節炎の症状が和らいで
指が伸ばせるようになったために
指の長さが長くなり
手先がかなり器用になりました

また
知能テストの結果は
実験群が63%、統制群が44%の向上

身長、歩行、姿勢でも向上が見られたそうです

そして最後に
この実験を知らない第三者に
合宿前の参加者の写真と
合宿後の参加者の写真を見比べてもらったところ
実験群の全員について
合宿後の方が若く見えると答えました

心の持ち方は本当に大切ですね

ぜひ詳細は本を読んでみてください!


読んでくれてありがとう
 


ブログランキングに参加しています 

      
FC2ブログランキングへ→◆  
上記のリンクをクリックしていただくと
1日1クリックで10ポイント加算され
ランクアップし
ブログ更新の励みになります!
クリックしていただくとランキングも見れます

こちらのランキングは何位かな?
こちらもクリックお願いします
       ↓
    
人気ブログランキングへ→◆ 
クリックありがとうございます!

いつもありがとうございます 



【2015/08/18 01:11】 | 開運本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<天使の訪れたパステル講座 | ホーム | どんな時も力は今この瞬間に発揮できる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happyluckydiary.blog109.fc2.com/tb.php/2915-9cf19516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハッピー♪ラッキー☆     ダイアリー


みるだけで運が良くなる!       開運ダイアリー☆

プロフィール

アイ クミコ

Author:アイ クミコ
兵庫県加古川市で
カウンセリング・チャネリング
リコネクティブヒーリング
リコネクション・数秘術
ヒプノセラピー
パステル和(NAGOMI)アート
などをしています☆


◇ヒーリングサロン コンパシオン◇
ホームページはこちら→★


ついてる私の開運法をシェアします♪


人気ブログランキング

今日の星と月

リラックマの部屋

....

最近面白かったもの

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ご訪問ありがとうございます☆     1日1クリックしていただくと順位が上がり、励みになります!嬉しいです☆

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

アマゾン検索

マナカード占い

アマゾンリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード